スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1Q84 朝からファン、書店「ありがたい話題」 名古屋(毎日新聞)

 村上春樹さんのベストセラー長編小説「1Q84」の続編「BOOK3」(新潮社)が16日、全国一斉に発売された。開店時間を特別に早めた名古屋市内の書店では、朝からファンが買い求めていた。

 同市中村区名駅の近鉄パッセ8階にある星野書店近鉄店は700冊を入荷。この日は午前7時半に特設売り場を設けた。店員が「待望の第3巻が発売されました」と呼び掛けると、通勤・通学途中の人が足を止めていた。

 愛知県安城市の男性(64)は「主人公の青豆と天吾の行方が気になります」とうれしそうだった。同店には約200部の購入予約が入っているといい、西脇義高店長(38)は「出版業界が厳しい中でありがたい話題」と話していた。【高木香奈】

【関連ニュース】
1Q84:発売開始 ファン次々と
1Q84:「BOOK3」16日に発売 フィーバー再燃か
村上春樹さん:小説「1Q84」が304万部
1Q84:2巻累計39億円 ブランドムックが大ヒット オリコン書籍レポート
本屋大賞:村上春樹「1Q84」など10作品ノミネート 吉田修一「横道世之介」も

死者96人、初の2けた=飲酒運転の事故も大幅減-春の交通安全運動中・警察庁(時事通信)
<大極殿>復元、内部を初公開 奈良・平城宮跡(毎日新聞)
舛添氏、午後に離党届提出へ=あす新党結成(時事通信)
<空自>スクランブル299回 09年度(毎日新聞)
和牛3頭、口蹄疫に感染=国内で10年ぶり-宮崎県(時事通信)

民主鹿児島県連、徳之島移設案の白紙撤回要請へ 普天間移設問題(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、民主党鹿児島県連(代表・川内博史衆院議員)は17日夜、鹿児島市内で臨時常任幹事会を開き、政府に対し、徳之島への移設案の白紙撤回を求める方針を確認した。来週にも首相官邸に申し入れる。

 常任幹事会には国会議員4人が出席し、約1時間協議。終了後の記者会見で川内氏は「地元に不安を与えていることは遺憾だ。政府から地元に説明がなく疑問を感じる」と述べた。打越明司衆院議員も「地元の強い感情は看過できない」と話した。

 打越氏によると、16日に国会内で面会した平野博文官房長官は「(徳之島案について)県連から正式に政府の考え方を求められれば隠すことはしない」と話したという。

【関連記事】
迷走普天間どこへ 現地ルポ
政府が苦肉の策 辺野古浅瀬案を米側に提案へ
普天間5月決着を断念…首相引責に予防線 米、柔軟姿勢も
普天間問題 分散移設には欠陥がある
あまりに軽い…普天間をめぐる鳩山発言の変遷
外国人地方参政権問題に一石

裁判員制度1年 参加意欲は高まらず(産経新聞)
普天間5月決着「絶望的」 ささやかれ始めた鳩山首相の「次」(J-CASTニュース)
動き出す大阪「都」構想 どんなメリットあるのか(J-CASTニュース)
全国唯一の「税の学習施設」がリニューアルオープン 東京都台東区(産経新聞)
保守系地方議員が鳩山政権を批判(産経新聞)

少女わいせつ容疑の2等陸曹、宿舎に銃剣(読売新聞)

 少女にわいせつな行為をしたとして、埼玉県警に県青少年健全育成条例違反容疑で逮捕された陸上自衛隊練馬駐屯地(東京都練馬区)所属の2等陸曹、佐藤浩一容疑者(37)の同駐屯地内の宿舎を県警が捜索したところ、陸自の内規で武器庫への保管が定められている銃剣が見つかったことがわかった

 。陸自は、銃剣が宿舎に持ち込まれた経緯などを調査している。

 陸上幕僚監部によると、県警が9日、佐藤容疑者の宿舎を捜索したところ、89式小銃の先に取り付ける銃剣(長さ27センチ)を発見し、陸自に連絡。銃剣は陸自に引き渡されたという。

 佐藤容疑者は3月27日午後、さいたま市内に住む女子高生(17)宅で、女子高生が18歳未満と知りながらわいせつな行為をしたとして、同月29日、浦和西署に逮捕されていた。

愛子さま登校、始業式は欠席(時事通信)
トキ襲撃 犯人?…順化ケージ侵入のテン、映像公開 佐渡(毎日新聞)
「諸般の事情に鑑み」お役所言葉改めます(読売新聞)
道路建設に財源、にじむ選挙対策=高速無料化の道筋見えず(時事通信)
狩野探幽の障壁画をデジタル再製 京都・一休寺(産経新聞)

映画監督の山内鉄也氏死去(時事通信)

 山内 鉄也氏(やまのうち・てつや=映画監督)2日午前8時25分、心不全のため広島県呉市の自宅で死去、75歳。広島市出身。葬儀は近親者で済ませた。
 1957年東映に入社し、64年「忍者狩り」で初監督。テレビの特撮時代劇「仮面の忍者 赤影」を演出したほか、「水戸黄門」「大岡越前」などを監督した。 

日医会長選、投票始まる=4氏が立候補(時事通信)
<重度障害者>脳波で意思表示 産総研が開発(毎日新聞)
宇宙へ夢広げたシャトル=山崎飛行士が日本人最後☆2(時事通信)
足利事件 警察庁・最高検が総括 「DNA型鑑定 過大評価」(産経新聞)
<公訴時効見直し>刑訴法改正案が参院法務委で審議入り(毎日新聞)

<名古屋市臨時会>19日招集 定数維持、報酬半減案調整も(毎日新聞)

 市民税10%減税が10年度限りとされたことを受けて河村たかし名古屋市長が開催を宣言していた臨時議会の19日招集が決まった。議員の定数と報酬について市長が2月議会で提案した半減案のままでは再提案しても否決されるとみられ、市側は定数を維持したまま報酬を半減する案など、一定の歩み寄りをする方向で調整する見通し。

 臨時議会では、2月議会で修正・否決された河村市長の「庶民革命の三本柱」である恒久減税、地域委員会、議会改革について議論が交わされる。

 市関係者によると、市側は「政治はボランティアで行う」との河村市長の信条に基づき、議員の定数は多くても報酬は少ないフランス型に似た議会の形態などを検討。臨時議会では、報酬の半減のみを提案する可能性があるという。当初の定数半減案には、市民や議会側から「多様な民意が反映されない」との指摘が上がっていた。

 市長は、10年度限りと修正された市民税10%減税については恒久減税に戻す案を、地域委員会については新たに8学区でモデル実施するため予算の増額補正案を提案する方針。

 市幹部によると、議会側が16~18日に市民向けの議会報告会を行うことから、議会内部での議論が深まることを尊重し、報告会後に日程を合わせたという。【高橋恵子】

【関連ニュース】
河村名古屋市長:リコール運動不調でも辞任せず
名古屋市長:自転車で町へ 議会リコールの受任者募る
名古屋市議会:減税条例修正案を可決 市長と全面対決に
名古屋市:市長支援団体、4月中に議会解散署名を開始
名古屋市議会:報酬維持を強調…議長「民意聞き基準に」

医療の規制改革、方向性を6月までに提示(医療介護CBニュース)
郵政改革 亀井担当相の案で決着 預け入れ限度額引き上げ(毎日新聞)
<乳児遺体>37歳女を遺棄容疑で逮捕 プランターに埋める(毎日新聞)
70代独居女性、7病院に受け入れ拒否され死亡(読売新聞)
ネイルサロンにも管理ガイドライン 厚労省(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。