スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平城遷都祭「火炎瓶」脅迫男を逮捕 ボランティア応募「職員対応に腹立った」(産経新聞)

 平城遷都1300年祭を主催する記念事業協会(奈良市)内の「もてなしボランティアセンター」に脅迫はがきが送られた事件で、奈良署は9日、脅迫の疑いで大阪市内の無職の男(43)を逮捕した。

 逮捕容疑は4月15日、センターに「火炎瓶を投げ込むぞ」と電話をかけて脅迫。さらに、22日に「イベント中に火炎瓶を投げます」と書いたはがきをセンターあてに郵送したとしている。

 奈良署によると、男は1300年祭のメーン会場、平城宮跡(奈良市)を来場者に案内するボランティアに応募。4月9日に実施された応募者向け説明会で服装を指示されたことが不満で、「服装について電話で相談した職員の対応に腹が立った」などと容疑を認めているという。

 男には軽度の知的障害があるといい、奈良署は刑事責任の有無を慎重に調べる。

【関連記事】
合コン「帰るぅ?」で女性の顔面ボコボコ
食堂の水槽に洗剤入れてイカやカニ死なせる 34歳男逮捕
「学校をぶっ壊してきな!」 中学生の次女らにけしかけた母親逮捕 東京・町田
74歳男性、アイスピック刺さったまま追跡→自称・無職の51歳男“確保”
30歳男性「就眠時、アロマキャンドルに火…」マンション1室焼く

「菅首相」午後誕生へ=新内閣、今夜にも発足―幹事長に仙谷、岡田氏浮上(時事通信)
勝因は「非小沢」、経験や安定感に評価の声(読売新聞)
エジプト エジプト・日本科学技術大学が開校(毎日新聞)
<日米密約文書>情報公開法施行前に破棄の可能性 岡田外相(毎日新聞)
提言取りまとめに向け詰めの議論―民主党介護議連(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

種牛主力級5頭は陰性、49頭は殺処分されず(読売新聞)

 宮崎県の口蹄疫問題で、同県は30日、西都(さいと)市で経過観察中の主力級種牛5頭について、29日に採取した検体はウイルス検査で陰性だったと発表した。

 また、新たに川南(かわみなみ)町など1市4町の計14農場の牛と豚が感染した疑いがあることを明らかにした。発生(疑い例も含む)は2市5町の238施設、殺処分される家畜は、計16万3492頭となった。

 高鍋町の県家畜改良事業団に残っている種牛49頭は、この日も殺処分は行われなかった。県は「30日にも処分する」としていたが、作業を行う獣医師らが確保できなかったと説明している。

<パトカー事故>不審車を追跡中に縁石に乗り上げる 浜松(毎日新聞)
「あっという間」と野口さん=6月2日、宇宙基地から帰還(時事通信)
自らの言葉と矛盾 辺野古移設を説明、沖縄県民ソッポ(産経新聞)
離島保全法が成立 沖ノ鳥島など、EEZ権益主張(産経新聞)
<琵琶湖>ブラックバスでペットフード…沖島の住民が開発(毎日新聞)

特許の権利譲渡書偽造、容疑で会社役員ら逮捕(読売新聞)

 特許の権利譲渡書を偽造し自分名義に変更させたとして、山形県警は20日、同県高畠町深沼、会社役員大浦一男容疑者(62)ら3人を有印私文書偽造・同行使の疑いで逮捕した。

 発表によると、大浦容疑者らは2005年10月下旬、以前勤務していた米沢市の技術開発会社「シー・シー・ワイ」(現・東北バイオマス技研)が持つコメなどからプラスチックを製造する特許技術5件の権利を、大浦容疑者に譲渡したように装う書類をパソコンで偽造し、弁理士に出願人の名義変更手続きをさせた疑い。

 県警などによると特許は農林水産省からの補助で開発したもので、大浦容疑者は特許権を担保に知人から少なくとも1000万円を借りたといい、県警は詐欺容疑でも立件する方針。

「番組介入しない」原口総務相、電監審強化で(読売新聞)
<将棋>両者がっちり組み合う 名人戦第4局2日目(毎日新聞)
創価学会と公明党けん制狙う…民主議連が会合(読売新聞)
<真夏日>群馬・館林で33.4度…全国102地点で記録(毎日新聞)
盗難手配ミスで車スクラップ 兵庫県警135万円賠償(産経新聞)

強制わいせつで男を逮捕 「130キロ」が目撃情報と合致 東京・光が丘(産経新聞)

 帰宅途中の女子高生にわいせつな行為をしたとして、警視庁捜査1課と光が丘署は強制わいせつの疑いで、東京都練馬区土支田の塗装工、山崎隆史容疑者(20)を逮捕した。同課によると、山崎容疑者は「仕事のストレスがたまり、わいせつな行為をしました」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は4月12日午後6時半ごろ、練馬区内の路上で、帰宅途中の女子高生に後ろから近づき「騒ぐと殴るぞ」と脅迫して駐輪場に連れ込み、下半身を触るなどわいせつな行為をしたとしている。

 同課によると、昨年6月から練馬区内で同様の強制わいせつ事件が数件発生。目撃情報に合致した体重約130キロの山崎容疑者が浮上した。同署で関連を調べている。

【関連記事】
校内わいせつ男に猛ダッシュ! 野球部員が取り押さえる 神戸
女性に抱きついたのは「別のトルコ人」 宮城県警が男性を誤認逮捕 
服の中に手を入れて胸触る 容疑の男「ぶつかっただけ」と否認
消防士バス痴漢、ストッキング下げ脚触る
「追われている」が「お前なんかどうにでもなる」に 女性乱暴容疑の男逮捕
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

「妊娠と薬情報センター」回答件数が1千件を突破(医療介護CBニュース)
<B型肝炎訴訟>和解協議へ 原告「1日も早く解決案示せ」(毎日新聞)
強風 100畳大凧が横転、露店直撃 1人軽傷 愛媛(毎日新聞)
俳優の佐藤慶さん死去(時事通信)
「買い物難民」に宅配や送迎支援、研究会提言へ(読売新聞)

JR福知山線脱線事故、25日で5年 慰霊式開催へ(産経新聞)

 乗客106人が死亡、500人以上が重軽傷を負った平成17年4月25日のJR福知山線脱線事故は、25日で発生から丸5年となる。JR西日本は午前9時すぎから、兵庫県尼崎市総合文化センターで追悼慰霊式を開催する。遺族や負傷者約900人が参列する予定で、犠牲者の冥福(めいふく)を祈る。

 慰霊式では、事故発生時刻の午前9時18分に黙祷(もくとう)。JR西の佐々木隆之社長が事故を改めて謝罪し、再発防止などを誓う。遺族代表が「慰霊のことば」を述べ、参列者らによる献花が行われる。午後には被害者らが同センターで、「追悼と安全のつどい」を開く。

 兵庫県警は20年9月、前社長の山崎正夫被告(66)ら10人を業務上過失致死傷容疑で書類送検、神戸地検は昨年7月、山崎被告を在宅起訴した。また遺族から告訴された歴代社長の井手正敬(75)、南谷昌二郎(68)、垣内剛(66)の3被告も神戸第1検察審査会の起訴議決を受け、今月23日に在宅起訴となり、歴代社長経験者4人が公判で刑事責任を問われることになった。

 事故後、JR西は補償交渉を進めているが、遺族との合意件数は19年末に「2割超」と説明して以降、明らかにしていない。負傷者とは8割以上と合意しているという。

【関連記事】
遺族「扉が開いた」 JR西の歴代3社長が強制起訴
目前でJR脱線、犠牲106人…救助奮闘の男性、語り継ぐ決意
長女なくした父、日記でたどる5年 JR脱線事故
JR脱線で重傷の近大生 「人の役に」新たな一歩
異例、遺族が検察審で意見陳述 JR脱線106人死亡事故
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

「無過失補償制度」や「介護環境整備」盛り込む-民主マニフェスト素案(医療介護CBニュース)
徳之島案、軍の距離規定理由に米が反対意向(読売新聞)
<国民新党>参院選東京選挙区に新人(毎日新聞)
拙速な政治主導、問われる政策立案能力 子ども手当混乱(産経新聞)
<レースとレース・グラス展>箱根ガラスの森美術館で開幕(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。